April 29, 2022

ROKKO MEETS ART 2018 art walk

          “A certain widow’s mansion”   September 8- November 25 2018

「とある未亡人の館」は六甲山に滞在して制作を行いました。 27歳のときに最愛の夫を亡くし、未亡人になった女性の家を表現したインスタレーション作品です。この家には、彼女と亡き夫との思い出がたくさんつまっていて、残されたすべてのものが、彼との日々を伝えています。

“A certain widow’s mansion” was made by staying at Mt. Rokko. This is an installation work that depicts the house of a woman who lost her beloved husband at the age of 27 and became a widow. The house is full of memories of her and her late husband, and everything left tells her days with him.